動滑車の問題はこうやって解く②

続きいくよ。

先にこっちを見てからね〜

関連記事

中3生。 今回の期末テスト。 理科。   動滑車の問題がでるようですね〜   簡単なものはいいとして 複雑になると ???? みたいなので やり方を説明しましょ[…]

 

第4問

 

 

まずはAの滑車から。

紐を引く力を①とすると左の紐は①になる(原則1)

 

その上(滑車B)の右紐は①+①で②(原則2)

 

左紐も②(原則1)

 

滑車Aの左紐が①なので

滑車Cの左の紐も①(原則1)

 

①+①+②=④の力で支えているので

200gのおもりは④となる(原則2)

 

200g:④=xg:①

x=50g(0.5N)

 

第5問

 

紐を引く力を①とすると反対側も①(原則1)

 

その反対側も①、その反対側も①、さらにその反対側も①(原則1)

 

①×4=④の力で支えているので

200gのおもりも④となる(原則2)

 

200g:④=xg:①

x=50g(0.5N)

 

どうでしょう。

 

滑車が増えても、複雑なつながり方をしていても

同じように解けば

簡単に答えが出ることがわかったかな?

 

次回最終回。

滑車に重さがあるバージョン(少し応用ね)

を説明して

 

動滑車3部作を終わりするよ〜